中村たけし

MENU

政策を実現するための
新しい財源をつくる力。

世界有数の多様な人たちが集まる渋谷という街には、大きな可能性が秘められていると同時に、生活者にとって多くの課題が潜んでいます。

ひとり身の高齢者、変化が求められる商店街、都心での子育て。

一見、個別に存在しているように見えるこれらの課題は、渋谷というひとつの街のシステムでつながっているからこそ、ひとりの力、ひとつのコミュニティだけで解決するのが難しい。

渋谷をとりまく人やコミュニティが境界線を超えて交流しお互いの長所を活かしあい、短所を補いあうことでひとつの新しい渋谷という強く安心なコミュニティをつくる。

そして、それを実現するための新しい財源をつくっていく力こそがビジネスのキャリアで培った政治家としての私の強みです。

潤して、強くする。

ひとりひとりが主役の新しい渋谷を、
私におまかせください。

政策を実現する新たな財源

企業価値の向上により、地価を上げ、税収を拡大。政策に対する社団法人や企業からの協賛金募集。その財源で区民サービスを充実させます。

企業の誘致と新たなコミュニティ

仮設渋谷区役所の跡地にスタートアップ企業やベンチャー企業が入りやすい施設を建築するなど、事業所床面積を増やして企業を誘致。

企業の業績向上新たなビジネス

行政主体のマッチングイベントでビジネスチャンスを拡大。参入企業にとっては広報やCSRの機会に。

政策のポイント新しく組み合わせる

年齢、職業、地域、国籍、習慣、文化。
これまで別々に存在していた多様な人たちを新しく組み合わせそれぞれの強みを活かしあい、弱みを補いあう政策によって、この街の課題を解決していきます。

政策1
高齢者 × 新世代新しい地域見守り機能の確立
政策2
ローカル × テクノロジー商店街の活性化
政策3
家庭 × 地域安心な子育て

政策1

高齢者×新世代 新しい地域見守り
機能の確立

急増する孤独死。ひとり身の高齢者は災害時や緊急時の対処も難しく、家庭では老老介護という現実もあります。また老人と子供に対する虐待も根深い問題となっています。地域全体での見守り機能の確立が急務です。

中村たけしの政策

積極的交流型コミュニティマネージャー

コミュニティマネージャーが深いコミュニケーションをとり、地域の状況把握とサポート体制をつくります。

セカンドキャリア
「コミュニティマネージャー」

地域内交流を活性化させるコミュニティマネージャーとしてシニア世代を採用。

新世代とシニア世代のビジネスマッチング

商店街の活性化や企業誘致につながる新旧世代の交流をつくります。

タブレットを貸与し定期的に個宅訪問

地域振興券などを付与するタブレットを貸与し、定期的にお宅を訪問。

高齢者同士のマッチング

独り身シニア同士の出会いの場を提供し、生きがいのある老老見守りを創出します。

町内会加入促進

リアルとデジタルのつながりによる行政→区民への確実な情報伝達網を構築します。

政策2

ローカル × テクノロジー 商店街の
活性化

時代が急速に変化する中で、新しい風の必要性を感じている商店街の声が聞こえます。しかし、新しいテクノロジーを導入するには時間や資金、ノウハウが足りないのが現状です。渋谷に集う新世代との融合が急務です。

中村たけしの政策

新旧マッチングイベントや
ワークショップの常時開催

新旧世代のあらゆる働き手が出会い、ノウハウを共有する場を定期的につくります。

渋谷タブレットによる
商店街経営サポート

地域振興券の循環や効率的な経営サポートに向け、独自のタブレット端末を活用します。

キャッシュレス決済可能
タブレットの無償配布

決済の自動化という時代の流れに遅れないためのサポートをします。

グローバル人材を商店街に活用

渋谷区にオフィスを構える企業のグローバル人材から、活性化のアイデアを募り活用します。

政策3

家庭 × 地域 安心な子育て

近所に大きな公園がない。教育はこのままでいいのか。子供の食育ができない。これらの漠然とした不安の解消から、助成金活用の問題まで。子育ての街として、地域全体の成長が急務です。

中村たけしの政策

助成金活用マッチング

コミュニティマネージャーが行政と助成金が必要な方をマッチング。

才能開花ワークショップ

定型教育に収まらない多様な才能に気づき、将来の夢を創出するワークショップを開催します。

公園への無料送迎バス

代々木公園をはじめとする大きな公園へ無料で親子を送迎します。

屋上公園の開放

ビルの屋上を利用した公園を解放します。

共働き世帯、ひとり親世帯サポート

官民が連携し子どもたちへ充実した食環境を整えます。共働き世帯、ひとり親世帯の食育推進をサポートします。

中村たけしへの声援

  • 「爽やかな人柄と強力な実行力、いつも頼りにしています。これからはさらに多くの人の力になって、渋谷区の未来を照らしてください!私たちも全力でサポートします。」

    川名 吉治さま 
    中村たけし後援会 会長 

  • 「青年会議所で10年にわたり、メンバーを引っ張ってくれた中村たけしさんは私たちの誇りです。グローバルでも活躍された多彩な経験と天性のバランス感覚で、渋谷を良い方向へ発展させてください。」

    長谷部 亮平さま 
    中村たけしを育てる会 会長
    前田 和茂さま 
    前東京都議会議員

  • 「中村たけしさんは青年会議所でも理事長として活躍し、誠実でリーダーシップの発揮できる好青年です。応援しています。」

    塩澤 好久さま 
    東京商工会議所 一号議員
    (公社)東京青年会議所 第52代理事長
    (株)シオザワ 代表取締役社長

  • 「スポーツマン中村たけしさんが吹かせる渋谷の新しい風に期待しています。発展を続けるこの街がいつまでも健全な精神を忘れないように。」

    有田 真也さま 
    一般社団法人渋谷区体育協会 理事
    渋谷区相撲連盟 理事長
    渋谷消防少年団 副団長

  • 「中村たけしさんのような素晴らしいリーダーを目指し現在大学院と2歳の娘の育児と起業を実践しています。中村さんからいつも温かいアドバイスを頂き、感謝しています。」

    藪野 美芽さま
    (渋谷区在住ママ)
    パークコート神宮前管理組合 副理事長

中村たけしのこれまで

昭和51年4月28日(渋谷の日) 仙台市生まれ
静岡県立磐田南高校卒
明治大学政治経済学部卒
米国オレゴン大学政治学部卒

家族:妻、一男(7歳)、一女(4歳)

  • モルガン・スタンレー

    外資系金融機関で10年間にわたり、街の再開発、不動産価値の向上に従事。その経験を商店街の活性化、渋谷区の不動産価値向上に活かし、財源確保から出口戦略までを考えた政策を実現します。

  • ヒューレットパッカード

    IT企業において、災害時でのビジネスを継続するシステム構築に従事。その経験を、緊急時における街の見守り機能や商店街のIT化の実現、安心できるコミュニティづくりに活かします。

  • 青年会議所

    青年会議所に10年、東京青年会議所では理事長を歴任。国連において「グローバルパートナーシップサミット」の議長に。その経験を活かし、人と人、子どもと親、文化と文化、経済と経済をつなげ、新しい価値を生み、新しいコミュニティを創り、新しい渋谷を実現します。